男の人

目の不調にはルテインをサプリメントから摂取しよう

眼病予防の栄養素

栄養補助食品

日常に支障をきたす眼病

目の病気といえば緑内障や白内障が有名ですが、最近では黄斑変性症という眼病も知られるようになってきています。これらの眼病は初期の段階で気付きにくいもので、かなり進行した状態で発見されることが多いようです。また、治療は決め手となる治療や特効薬はなく、症状を悪化させないための治療が行われることがほとんどです。眼病を発生させないために、日頃から疲れ目や紫外線のダメージなどをケアすることが大切です。疲れ目に良いのはブルーベリーに含まれるアントシアニンで、疲れ目や視力向上に効果があります。疲れ目にブルーベリーという謳い文句のサプリメントが数多く販売されています。また、ルテインも目に良いと注目の栄養素で、緑内障や白内障の予防に効果があると言われています。そのため、眼病予防としてルテインのサプリメントも多数販売されるようになりました。

強力な抗酸化作用

ルテインとは、緑黄色野菜などに含まれるカロテノイドという色素の一種です。体内で合成できないため、食事から摂取する必要がある栄養素です。ルテインは目の水晶体や黄斑に存在し、強力な抗酸化作用により活性酸素を無害化する役割を果たしています。紫外線やブルーライトのダメージから目を守る役割を果たしているのです。ルテインの1日の摂取量は、6mgから12mgが理想的とされています。ケールやほうれん草、ブロッコリーに含まれますが、毎日十分に摂取できているか定かではありません。そんな場合には、摂取量がはっきりしているサプリメントを活用すると良いでしょう。サプリメント選びのポイントは、ルテインの種類と製造方法です。種類とは、フリー体ルテインとルテインエステルの2種類があります。フリー体ルテインの方は、人体に吸収されやすいように精製されています。また、精製方法はフローラグロー製法が特許製法となっており、体内と同じ状態のルテインを摂取することができます。